読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

卓球の張本智和が嫌いの人続出・・・チョレイと叫ぶのが原因?それとも中国人だから?

          f:id:scandal1:20170228174207j:plain

 

卓球で日本男子の注目の存在である張本智和。まだ13歳という若さなので将来日本を背負って立つ存在だと期待されている。しかし、なぜか張本智和を嫌いという人が多い。疑問に思ったので今回は張本智和が嫌われる理由について調べてみた。

 

・張本智和とはどんな人物?

卓球選手の張本智和は2003年生まれの現在13歳。JOCエリートアカデミーに所属している。2010年から小学1年で全日本卓球選手権のバンビの部で優勝。その後はバンビ・カブ・ホープスの部で6連覇を果たす。その後も活躍して2015年には世界ジュニア選手権で男子史上最年少の小学6年で選出された。

 

2016年6月のITTFワールドツアー・ジャパンオープン萩村杯にて21種目の史上最年少優勝を果たす。その後も活躍し2017年5月開催予定の世界卓球選手権個人戦に推薦枠で代表に選出されており男子史上最年少の世界選手権日本代表となる。

 

・嫌われている原因のひとつはチョレイ?

そんな張本智和が嫌われている原因のひとつは『チョレイ』という叫び声だ。得点を上げると張本智和は『チョレイ』を雄叫びを挙げるのだ。あまりにも大きな雄叫びのため悪印象で嫌いだという人も多い。

 

気になるのが『チョレイ』の意味だろう。実は『チョレイ』に意味はないとのことだ。福原愛が『サー』と叫ぶのと同じであり、叫ぶことに意味があるようだ。礼儀を重んじる日本人にとって相手を敬う心が欠けているように見えるので嫌われるのかもしれない。

 

・中国人だから嫌い?

また、もうひとつが張本智和の出自にあるようなのだ。実は張本智和の両親は生粋の中国人。2014年3月に父親と妹と3人で帰化して日本国籍を取得している。だから現在は日本人だが、どうしても納得ができない部分が出てきてしまうのだ。

 

そもそも、陸上競技や卓球の世界では強豪国の選手が国籍を変更して代表となるのが横行している。そのため、張本智和も中国では代表になるのが難しいから日本国籍を取得したのではと思われるのだ。

 

それらの背景から嫌いという評価になっているようだ。実際にカンボジア国籍を取得してマラソンでカンボジア代表となった猫ひろしは、カンボジア国籍を取得したときに「嫌いになった」という意見があった。このことからも国籍を変更してまで代表になろうとする考えが嫌われているのだろう。今後どんな活躍をするのかわからないが嫌いという評価が凄いという評価に変わるように頑張ってほしい。