読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

さすが宇多田ヒカル!JASRACの音楽教室に対する著作権に反対!?

            f:id:scandal1:20170204223154j:plain

 

JASRAC日本音楽療法学会)がヤマハなどが運営するピアノ教室での楽曲演奏にも著作権料を徴収する方針とのことが報じられた。これには多くの人が反発しているのだが、日本を代表するアーティストのひとり宇多田ヒカルも今回の報道に反応した。今回のJASRACの方針には疑問が付きまとう。

 

JASRACの方針とは

JASRACの新年懇親会にて浅石道夫理事長がヤマハなどが運営しているピアノ教室にも楽曲演奏について著作権を徴収する方針を発表したのだ。関係者によると「(音楽教室は)受講料を取ってますし、教育の一環とは違う。大手楽器メーカーにとって、音楽教室は楽器を売るためのビジネスモデルにもなっている」と説明しているのだ。ただ、音大や専門学校については「当面の間は保留」としている。これに対して行き過ぎではと批判も多い。

 

JASRACとは

JASRACは音楽の著作権を持つ作詞者や作曲家、音楽出版社から録音権・演奏権などの著作権の信託を受けてライセンス契約や使用料を徴収し権利者に分配している。また、著作権侵害の監視や著作権侵害者に対する法的責任の追及などもしている。今回は著作権侵害の監視をした結果だろう。

 

宇多田ヒカルも今回の報道に反応

日本を代表するアーティスト・宇多田ヒカルも今回の報道に反応している。自身のTwitterで「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」と私見をコメントしている。他のも多くの人が反応している。スッキリの司会者である加藤浩次JASRACの方針に「行き過ぎじゃないか」とコメント。

 

・音楽教室側は?

今回のJASRACの方針に対して音楽教室側は反対を表明している。音楽教室を経営している大手のヤマハ河合楽器製作所などを含む音楽教育事業7団体は徴収に反対する『音楽教育を守る会』を設立。JASRACと争う姿勢を示している。まだまだこの騒動は続きそうだ。

 

・ネットでの反応

今回の報道でネットではJASRACへの批判が多数寄せられている。「音楽教育から徴収するのはやり過ぎ」「音楽のことを本気で思っているのか」という意見が多い。さらには「JASRACは一度解体するべきでは?」「収入源を増やそうと躍起になっているのが見え見え」と言った厳しい意見もある。今回の一件でJASRACの印象は悪化したようだ。問題が長引くようだとJASRACの在り方自体も問われることになるかもしれない。