読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

日ハムと大谷翔平に不信感!?WBC辞退は策略だったのか?

          f:id:scandal1:20170203121223j:plain

 

大谷翔平が投手としてのWBC辞退を表明。野手としても参加するのか不透明な状態だ。今回の大谷翔平WBC辞退騒動で球団の日ハムと大谷翔平には不信感が募る。もしかしたら当初から辞退することを決めており、辞退は作戦だったのではとも思われる。今回の騒動で大谷翔平を嫌いになった人も多い。球界のスターだが甘やかしてはいけない。

 

大谷翔平WBC辞退騒動

今回の大谷翔平の投手としてのWBC辞退はケガによるものだ。昨年の日本シリーズで右足首を痛めていたという。さらに、打者として出場したWBC日本代表の強化試合でさらに悪化したことを発表。場合によっては手術の可能性も示唆している。日ハムの栗山監督は「まだ全力で走れない」とコメントしている。WBCに投手としての参加を辞退した大谷翔平だが、野手としても出場しない可能性がる。

 

大谷翔平の疑惑

大谷翔平の投手としてのWBC辞退にはある疑惑がある。それはケガが嘘ではないのかというのだ。最悪は手術だと報じているのだが、実は大谷翔平がこのオフシーズンにキックボクシングをしていたのだ。ダルビッシュ有が呼び掛けた自主トレに参加した大谷翔平。この自主トレで右足首を痛めているはずなのキックボクシングをしていたことが明らかになっている。このことからケガは嘘でWBCに出場したくないだけではと思われるのだ。

 

・なぜWBCに出場したくないか?

大谷翔平WBCに出場したくない理由はシーズンのための調整ができないからだろう。WBCに出場するとシーズンへ向けた調整ができずに、今シーズンの成績が悪くなる可能性がある。今オフにメジャー挑戦をしたい大谷翔平にとってそれは厳しい。また、日ハムも優勝のためには大谷翔平にシーズン中に活躍してほしい。そのため、日ハムと大谷翔平WBC辞退のための策略としてケガを持ち出したのだろう。

 

・報道の仕方が気持ち悪い

しかし、テレビを含む大手メディアはなぜか大谷翔平が無念のWBC辞退と報じている。これは間違いだ。本当にケガをしていたとしてもこんなギリギリの時期ではなくもっと早く辞退するべきなのだ。本当に可哀想なのは日本代表の小久保監督だろう。それにも関わらず大谷翔平を擁護するのはおかしい。日ハムの対応も酷いものだ。日ハムと大谷翔平には失望で残念でならない。

 

・ネット上での反応

ネット上ではさまざまな反応がある。大谷翔平のことを「無理しないで」「辞退していいよ」と擁護するものもある。しかし、批判も大きい。過去に朝青龍が休場届を出しながらサッカーをしていて批判を浴びて引退を余儀なくされた。今回の大谷翔平もキックボクシングをしていたことを受けて「失望した」「参加したくないなら、最初から素直に言え」といった声がある。その通りで参加したくないなら理由を述べて最初から辞退しておけばよかったのだ。今回の辞退騒動で大谷翔平と日ハムの印象は悪くなっただろう。いくら球界のスターでも甘やかしてはいけない。