読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

なぜ狩野英孝を擁護する謎を考察!一歩間違えれば淫行だった男を擁護する必要があるのか?

           f:id:scandal1:20170131192416j:plain

 

狩野英孝の淫行疑惑が収束に向かっている。一連の騒動ではなぜか狩野英孝を擁護する声が多かった。とくに同じ芸人から擁護の声が多く、芸人の互助会のようで納得がいかない。狩野英孝は場合によっては淫行で逮捕されてたはずだ。それなになぜ狩野英孝を擁護するのか?

 

狩野英孝を擁護した人物たち

狩野英孝を擁護した人物と言えばロンブーの田村亮だろう。「狩野英孝は悪くないと思う」「ジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ~~」とコメントした。のちにこのコメントは削除されTwitterでは謝罪を出している。他にもロンブーの田村淳やウーマンラッシュアワー村本大輔小藪千豊などが擁護している。

 

・擁護の理由とは?

淫行疑惑があった狩野英孝をなぜ芸人の多くが擁護するのか?その理由は人柄にあるという。狩野英孝は普段仕事熱心で真面目だという。カンニング竹山も「バラティエー界にとって宝。人間もすごくいいヤツです」と発言している。狩野英孝はどこか憎めないところがあるとのことだ。さらに、今回は淫行疑惑の相手が22歳だと年齢を偽っていたとのことで擁護しているのだ。

 

・それでも擁護するのはおかしい

しかし、やはり淫行疑惑の狩野英孝を擁護するのはおかしいのではないか。相手が年齢を偽っていたとはいえ昨年6股騒動で世間を騒がせたばかりだ。今回の淫行疑惑も自分が軽はずみの行動をしたことから起こってしまった。つまり擁護する必要がない。また、人柄や性格と淫行疑惑は関係ないのだ。しかも、記者会見で狩野英孝はまるで自分は嘘をつかれた被害者かのように会見をした。だが、もともとファンの女性に近寄ったのは自分だ。ファンに手を出して噛まれたのだからやはり自己責任だ。それでも擁護するのだから芸人は甘すぎる。

 

・世間との差が激しい芸能界

そもそも芸能界の考え方がおかしい。薬物で逮捕されようが簡単に芸能界に復帰してしまう。一般社会ではありえないことだ。今回の狩野英孝の淫行疑惑もそうだが、芸能界は甘すぎる部分があるのではないか。失敗は誰にでもあるが、狩野英孝の場合は2回目で淫行で逮捕されてもおかしくなかった。一般社会ではクビになってもおかしくない。よく芸能界は厳しいという言葉を聞くが本当か不思議になってくる。もっと芸能界も厳しい世界になるべきではないか、そうでないといずれ芸能人に対する印象が悪くなるだろう。

scandal1.hatenablog.com

 

scandal1.hatenablog.com