読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

キンコン西野の作戦に嵌る!?絵本『えんとつ町のプペル』無料公開の真実

             f:id:scandal1:20170125134720j:plain

キングコング西野亮廣といえば炎上が多いことで知られている。今話題の絵本である『えんとつ町のプペル』でも1万部自費購入疑惑やWEB上での無料公開と話題に事欠かない。絵本を無料公開したことには賛否両論があるのだが、どうもキンコン西野には策略があったようだ。そこで『えんとつ町のプペル』を無料公開したことによる賛否の意見とキンコン西野の策略について紹介したい。

 

・WEBでの絵本無料公開による賛否

キングコング西野亮廣の絵本が人気だ。昨年発売された『えんとつ町のプペル』は23万部を越えるベストセラーとなった。しかし、子供が絵本が2,000円と高くて買えないとコメントしたことをきっかけにキンコン西野はWEB上で絵本を無料公開したのだ。これには賛否両論ある。賛成派は無料で絵本が楽しめるので嬉しいと言ったものが多い。反対派は今まで2,000円で買った人がいるのだから、買った人が可哀想。他のクリエーターなどが被害を受けるといった意見が多くある。まさに賛否両論で話題となっているのだ。

 

キンコン西野の策略

絵本をWEBで無料公開することにしたキンコン西野。実はこの無料公開には西野の作戦があったという。絵本を購入する主婦層は絵本を購入する際に本屋で絵本を最後まで読んでから購入する傾向があるという。つまり、この絵本が面白いか?子供が気に入るかを確かめてから購入するというのだ。このことから西野の作戦はWEBで無料公開することで絵本を評価してもらって購入してもらおうという作戦だったのだ。実際にこの作戦は当たったようで無料公開してから絵本の売り上げが上向いたという。まさにキンコン西野の作戦勝ちだったのだ。

 

・策略家のキンコン西野

無料公開で絵本の売り上げアップのキンコン西野だが完全に策略家だ。今回無料公開したことで話題になることがわかっていた。その上で主婦層がどのように絵本を購入するのかをリサーチしてメリットがあると踏んで無料公開したのだ。完全に西野の作戦に嵌ってしまった。メディアは賛否両論を語るが、これでさらに話題になり注目する。注目されてWEBで無料の絵本を読む。感動して購入するという流れになった。今回無料公開した『えんとつ町のプペル』は映像化される噂もある。もしかしたらまたキングコング西野らしく作戦を練ってくるかもしれない。今後の西野亮廣に注目していこう。

scandal1.hatenablog.com