読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック芸能ニュース

おもしろ芸能ニュースを発信

キンコン西野が絵本を自腹1万部購入の真相!実は販売サイトを持っていた。

          f:id:scandal1:20170112124931j:plain

 

お笑い芸人のキングコング西野亮廣の絵本が話題になっている。キンコン西野が昨年に出版した『えんとつ町のプペル』が人気で23万部を超えているのだ。しかも、実はキンコン西野は同作を1万部自腹購入していたことを発表しており賛否両論がある。

 

キンコン西野が1万部自腹購入していた真相

キンコン西野は自分の作品である『えんとつ町のプペル』を自費で1万部自腹購入している。この自腹購入に賛否両論あるのだが、実はキンコン西野には勝算があったのだ。キンコン西野は自分で立ち上げた販売サイトを持っており、1万部の予約があったのだ。つまり、キンコン西野には自腹で購入しても捌けることがわかっていたのだ。別に大博打でもなかったわけだ。初版の部数を上げるための作戦である自腹購入だが、作戦は完全に成功したに間違いない。キンコン西野は「出版業界の常識を打つ壊したい」と言っているのだがまさに行動に移しているのがわかる。

 

キンコン西野を批判するネットの声

キンコン西野が自分の作品を自腹購入したことを公言したことを受けて批判する人が多くいる。主張としては「正攻法でやっている作家が可愛そう」「作品で勝負してほしい」というものだ。しかし、この考え方は間違いだろう。キンコン西野は頭が良く自分で行動して1万部売り上げたのだ。これはキンコン西野の戦略でまさに出版業界の常識を壊したのだ。もし批判するのなら自分でも頭を使って売ればいいのだ。自分で販売サイトを作って1万部の予約を取ることがどれほど難しいかがわかる。

 

・これからのキンコン西野に期待

キンコン西野は非常に頭が良い。今回の自腹購入も発言しなければ露呈しないのにわざと公表した。これで注目が集まり絵本が売れるという考え方だ。その作戦は見事に成功している。実際に今でも『えんとつ町のプペル』の売り上げは伸びているのだ。今後も斬新なアイデアキンコン西野には活躍してほしい。そろそろキンコン西野を批判するのを辞めてみるのはどうだろうか。

scandal1.hatenablog.com